昔ながらの手動のかき氷機でふっわふわのかき氷🍧お店の名前はない…

店舗として使われている建物は20年以上前に大工だった斉藤さんのご主人が孫のために建てた遊び場なんだって!うらやまし~

氷を削るかき氷機は、孫に「昔ながらのかき氷を食べさせたい」とわざわざインターネットオークションで購入した年代物 

ここの歴史はすべてお孫🧒さんへ愛情からうまれたんですね。こんなおじいちゃんおばあちゃん欲しい~ (笑)

エルフィンロード🚴が出来たころ、家族の勧めで、はじめたお店。家族のみなさん ありがと~♪
口コミだけなのにたくさんのリピータがいるとか…

絶妙な刃の調整で削られる氷はまるで雪❄のようで、口のなかで、やさしく溶けてあっというまに消えてなくなっていきます。
今は奥様が、お一人でお主人の想いを引き継いで氷を削ってくれます。営業期間も時間も定休日も決まっているわけではないようで、行ってみなきゃわからない…食べられたらラッキー!
食べたい人はチャレンジあるのみ

この夏⛱は 名もないかき氷🍧やさんで、喉の渇き潤してみませんか?
🚗でも行けます💨